メインビジュアル

神奈川県秦野市 二次救急指定病院 脳ドック 人間ドック 各種健診 整形外科手術

〒257-0035 神奈川県秦野市本町1丁目3−1

お問い合わせ0463-81-1666

MENU

運動器体外衝撃波治療 eswt

運動器体外衝撃波治療

疼痛治療に対する新しい選択肢の誕生

近年運動器エコーの拡がりにより従来解らなかった痛みの原因が分かり、痛みに対する治療法も進化しています。
当院では外来診療においてエコーで正確な診断を行い、個々の患者様に対して治療効果の高い医療を提供する事を心がけております。
手術加療が必要であるケースは多いと思いますが、それ以上に手術加療と保存療法の間を埋める医療の需要は年々高まっております。
今回導入した体外衝撃波医療はまさにその中間を埋める新しい治療であり、特にスポーツ現場や難治性疼痛において除痛と組織の修復を同時に促進させる革新的な医療機器であります。体外衝撃波治療がもたらす新たな可能性と共に疼痛に悩む方々への新たな希望になると考えております。

集束型SHOCK WAVE〔体外衝撃波疼痛治療装置〕
『DUOLITH®SD1T-TOPultra(デュオリスSD1ウルトラ)』

杏林会 八木病院では、2021年4月より、最新集束型SHOCK WAVE〔体外衝撃波疼痛治療装置〕「DUOLITH®SD1 T-TOP ultra(デュオリスSD1ウルトラ)」を導入しました。
当院に導入している装置は、神奈川圏内で3台のみ導入されている最新型「体外衝撃波疼痛治療装置」になります。
2021年4月時点

 

 

体外衝撃波治療とは?

難治性疼痛への新たな治療

衝撃波を傷ついた組織に照射する事で患部に細かい損傷を作り、本来生体が持っている組織の治癒力を高め、組織修復が期待できる整形外科領域では新しい治療法です。痛みに対しては自由神経終末を変性させることで即時的に疼痛除去の効果もあります。
副作用の事例はほとんどなく、老若男女問わず、プロアスリートからアマチュアアスリート、難治性疼痛に苦しむ方々と幅広く適応があり疼痛治療の選択肢となり得ます。

対象疾患について

国内適応疾患<保険診療の対象になるもの>

  • 難治性の足底腱膜炎

治療の流れ

  1. 01セッティング(照射部位により体位が異なります。)
  2. 02圧痛点、または超音波エコーにて照射部位を特定します。
  3. 03低レベルの照射から開始し、徐々に反応を見ながら出力調整をします
  4. 04目的とするショット数に達したら終了します。

 

治療時間は約10~15分ほどです。
一定期間をおき、複数回の治療を行うことで十分な効果が期待できます。
※インターバル期間の設定は1〜2週間を目安とします。

1週間に1回照射より開始。それを3週間続けます。(合計3回の照射を目安)

治療中は痛みの範囲で調整しながら出力を上げて行きます。
※低強度の照射で耐えられない方は、治療の中断となる場合もございますのでご了承下さい。

 

 

治療内容のポイント
  1. 01痛みに対しての麻酔は不要です。
  2. 02照射後に傷跡などは残りません
  3. 03治療後は歩いて帰宅が可能です。
  4. 04治療後は運動可能です

 

※照射直後の除痛効果が高く、順を追った組織修復の過程を踏まえて1週間程度の過剰な運動は控えてください。
また、その後の運動量や負荷量の設定などは医師にご相談下さい。

安全性

副作用の事例はほとんど報告されていません。まれに皮下出血、発赤などの症状を呈す場合もございますが一時的なもの言われています。
比較的安全な治療法として国内外で実施されています。

費用について

保険診療

医療機関での継続的な保存療法を6カ月以上受けても効果がみられない、難治性の足底腱膜炎のみ保険適応となります。
体外衝撃波治療の負担金は治療に要した日数又は回数にかかわらず初回のみ算定します。
ただし、再発により3ヶ月以上あいて再び治療を再開した場合は別に負担金が発生します。
(初診料・再診料は別途かかります。)

 

保険診療
1割負担の方 ¥5,000
3割負担の方 ¥15,000

 

 

保険外診療(自費負担)について

「難治性の足底腱膜炎」以外で治療される方は、自由診療となります。

 

保険外診療
1回目 ¥11,000(税込)
2回目以降 ¥11,000(税込)

まずは当院までお問い合わせ下さい。

整形外科外来診察にて、体外衝撃波治療適応の有無を判断した後に治療を受けて頂く流れとなります。

 

 

診療案内 (体外衝撃波 外来診察日・時間)

毎週月曜日AM・PM 完全予約制  不定期土曜日AM(お問い合わせ下さい)
初めに当院整形外科にて、有馬医師・都築医師・宮武医師の外来診察日に受診をして下さい。

※担当医は都合により変更・休診になる場合がありますので、受診の際は念のためお電話でご確認下さい。

TOP